スポンサードリンク

HOME >> >> 再生医療でアンチエージング

2006年08月18日

再生医療でアンチエージング

誰でも年を重ねます。
誰でも年をとり死に向かいます。
アンチエージングとはこの誰でも年を重ねることを他の人よりも

老化を防ぎ若返りを促す (抗加齢) のことを言います。
健康と自分の肌や身体能力を年を重ねることを可能にする
医学と定義されているのです。

私のテニス仲間には、にわかに信じられない人がいます。
以前にも紹介しましたが、91才の現役テニスプレィヤーです。
ボールを追い、テニスコートを走り回る姿に

みんな心配しながらも、驚嘆の目や羨望の目でその姿を追いかけます。
日々の鍛錬が、健康を促し 加齢の重圧を見事に跳ね返しています。

誰もが出来ることではありません。
本当に長いあいだの努力や日々の精進、鍛錬が必要です。

でも医学として、定義され、 再生医療等の言葉が聞こえてくると
んーー 何だ ?  少なからず興味がわいてきます。

糖尿病は元々、自分の体が作り出していた インスリンが
自分自身で作り出せなくなったことが原因です
作り出せなくなった、細胞が再生できれば −−−

こんな妄想が出てきます。

でも、インスリンは出来なくても、 自分の細胞を保存しておき
加齢で衰えてきた、肌を自分の何年も前の細胞を利用して
今現在の肌の加齢を止める、加齢を遅らせることが

出来るようになっているみたいです。
凄い世の中になったものです。  まるでアトムの世界

私たちが子供の時代には、手塚治虫の漫画の世界が
いまはもう現実になっていることがたくさんあります。
このネットの世界やアトムの世界です。

不死鳥も現実になる日がきっとくることでしょうね

アンチエイジングと再生医療はそんな妄想を抱かせるには
十分な技術です。



生命保険のことなら無料相談実施中の「保険の案内人」へ