スポンサードリンク

HOME >> 糖尿病・今日のニュース >> 1型糖尿病に朗報 ? ヒトES細胞、膵臓細胞に変換 1型糖尿病治療に光明

2006年11月02日

1型糖尿病に朗報 ? ヒトES細胞、膵臓細胞に変換 1型糖尿病治療に光明

バイオテク企業のノボセル(Novocell)はヒト胚性幹細胞(ES細胞)をインスリンなどホルモンを分泌する
膵臓(すいぞう)細胞に変えるプロセスを開発し、ネイチャー・バイオテクノロジー誌オンライン版に発表した。
臨床試験を早ければ2009年に開始する見通しで、自力ではインスリンを分泌できない
1型糖尿病の治療への応用に期待している。

ニューヨーク・タイムズによると、ヒトや動物の幹細胞を利用しインスリンを生成させる研究は
これまでもあった。  しかし、バンダービルド大学のマーク・マグヌソン教授らによると、
同社技術は細胞変換とインスリン生成の効率性を画期的に向上できるという。

研究では、胚の細胞が膵臓細胞に成長する過程を模倣し、
ES細胞に様々な成長因子を加えたり除いたりすることでインスリン生成細胞を作った。
この課程は全部で16〜20日だった。

今後は2008年に細胞の動物実験を行い、良好な結果が得られれば2009年に臨床試験を実施する。

他人の膵臓の細胞を1型糖尿病患者へ移植する治療は実験的に行われており、
一部でインスリン注射の必要がなくなるなど効果も確認されている。しかし、
ほとんどの患者で効果は2年で消滅し、移植用臓器が少ないことも問題になっている。