スポンサードリンク

HOME >> 糖尿病の食事療法 >> 果物と糖尿病の関係 〜糖尿病

2006年10月11日

果物と糖尿病の関係 〜糖尿病

果物はそれぞれ糖分、カリウム、飽和脂肪などの含有量が異なります。
慢性病、つまり糖尿病、高血圧、腎臓病気、高脂血症などの患者は食べないほうがいい果物があり、それを食べることで、病状を悪化させる可能性があります。

これらの果物は大量の飽和脂肪酸を含む「ラード」と同じように、血液中の総コレステロールと悪玉コレステロールを増加させ、血栓症を招く恐れがあります。
高脂血症患者は、ダイダイ、リンゴ、ナシなどを多く食べることをお勧めします。

腎臓病患者はカリウムを排出しにくいため、リンゴ、ナシ、ブンタンなどカリウムの低い果物を食べるほうがいいとされています。

お見舞いには、果物を用意することが多いと想いますが健康によいとの
ことだけでお見舞いに果物の詰め合わせ等を用意するときには注意が必要です。
こんなミニ知識を持っているといないでは、会社関係の利害が発生するときなどは

知識を持っているだけではなく、その活用が必要不可欠です。

自分の身体を考えることは他人の健康おも、考えることになります。
気をつけましょう  自分のためにも他人のためにも

kudamono.gif

★糖尿病と果物関連情報