スポンサードリンク

HOME >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病患者の4人に3人が食事にストレスを感じている 〜闘病記

2006年10月06日

糖尿病患者の4人に3人が食事にストレスを感じている 〜闘病記

日本の糖尿病患者は約740万人、予備軍を含めると約1620万人と推定され、今後さらに増えると予想されている。さらに40代以上の年代では10人に一人が糖尿病か、その予備軍これらの人が食事にストレスを感じているのが4人に3人の割合

ほとんどの人が感じているといっても良いのではないでしょうか 勿論、私もそうです

油断をすると、すぐに血糖値の上昇があるインスリン注射の患者にとって
食事のストレスがない人はいないのでは患者や予備軍では「つらいこと」の1位に食事制限を挙げた人が71%に達しさらに3位までに挙げた人の割合は、食事制限経験者の94%に上っています。

最初は本当につらいことがらでした。
なんとしても、お腹がすくのです。 食べたくて食べたくてのどから手が の
意味が本当に理解できる毎日だったのです。  今でもそうですが

私はお酒はいりません その代わりに甘い物が好きですお酒より始末が悪い まずおなかが減るとなにか食べたい食事の量は少ないので、いつもおなかが減っている状態

低血糖用に、近くに甘い物があるのでつい手が −−−

予備軍も糖尿病患者も最初の治療は食事療法この食事療法をストレスなく長く続けるためには飽食の時代にあった対策も必要なのではないでしょうか

ダイエット食品を調べてみると、本当に沢山の種類があります。
あれも食べたい、これも食べたいと想うのが人の性です。 
選択して食べてみませんか  全部の糖尿病食を買ってなんてことをしたら

家計が大変なことになりますが、事情がある時だってあります。
そんなときにはとても重宝します  あなたもいかがでしょうか ? 



【2倍5倍1006】糖尿病食14食セット