スポンサードリンク

HOME >> その他の合併症 >> 糖尿病でがん危険度上昇 男1・27倍、女1・21倍 〜闘病記

2006年09月29日

糖尿病でがん危険度上昇 男1・27倍、女1・21倍 〜闘病記

こんな語句が眼に着きましたので掲載します。
記事は要約すると下記のようになりますが、少し私も心配な記事の内容です。
糖尿病と診断されたことがある人は健康な人に比べ、
男性で1・27倍、女性で1・21倍がんになりやすいとの疫学調査の結果を、
厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)がまとめ、

米医学誌に25日発表した。研究班は「将来のがん患者の増加につながる。

 がんになった6462人のうち糖尿病の既往歴がある人は男性366人、女性104人。

 部位別にみると、男性は肝臓、腎臓、膵臓の危険度が高く、女性では肝臓、胃、卵巣だ  った

私の家族、早く言えば私の母親は私が小学一年生のときに癌でなくなっています。
日本の病気の死亡率はいまだに癌での死亡が多いと聞いています。
一病息災を実践するようにしましょうか はたして −−−

愛と、死を見つめて
愛と、死を見つめて


癌についての関連情報