スポンサードリンク

HOME >> 糖尿病と動脈硬化 >> 糖尿病や喫煙が下肢動脈疾患の危険因子について 〜闘病記

2006年10月07日

糖尿病や喫煙が下肢動脈疾患の危険因子について 〜闘病記

PAD 下肢末梢動脈疾患という言葉をご存知だろうか
末梢血管の閉塞が原因の疾患であるがこれが心血管ならば、狭心症に
脚に発生すると下肢末梢動脈疾患となる

下肢の動脈の閉塞には末梢と下肢の大血管の閉塞と2つがある
糖尿病の要因が原因として発生するのは末梢血管の閉塞が主な原因で
それに高コレストロール等の複雑な要因が絡み合うが糖尿病が

決定的な要因であることには違いがない
しかし大血管の場合、以外にも糖尿病が要因となることはないのである
その要因は喫煙 −−− 非喫煙者の3.2倍の発生率が報告されている

下肢動脈疾患には糖尿病に対する予防と禁煙の生活が最も有効な事が
立証されたことである。

あなたは喫煙派ですか、禁煙派ですか 
ストレスにならない程度に禁煙派に移行しませんか、
タバコ代もあがったことですので この際に考えましょう。

★下肢動脈疾患の関連情報