スポンサードリンク

HOME >> メタボリック症候群 >> 厚生労働省の資料を見つけました 〜糖尿病闘病記

2006年10月09日

厚生労働省の資料を見つけました 〜糖尿病闘病記

メタボリック症候群 このブログでも何回も書いていますが
最近頻繁に新聞やテレビで見かけるようになりました
ネットで色々調べてみたのですが、厚生労働省の資料を見つけました

平成16年 国民健康・栄養調査結果の概要について
〜メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況を中心に

こんな名前の資料です読むだけでは新聞やテレビでも窺い知れます
重要なことは、このメタボリック症候群の状態を見極め、自分自身の
生活に取り入れ、その症状の解決を目指す事にあります

何事も、実行する事、お腹の脂肪がどうしても邪魔なら、何とかして
これを解消する事に努力する事です

ダイエットを実行した場合、お腹の周りは中々減りません
体重は減っても、お腹の周りはそのままという事が往々にしてあります
ダイエット (食事の抑制)だけでなく運動をしなければ −−−

以前に書いた様に激しい運動を進めるわけではありません
まず散歩からです 毎日の散歩 歩く事です
10分でも20分でも歩く事です  奥様と一緒に買い物は如何ですか

二人で歩いての買い物は如何でしょうか
夫婦仲も良くなって一石二鳥 ? こんな事にはなかなかならないでしょうが
それにしても、健康に良いことは確かです。

老化は足からです。  動けなくなると一気に老化が始まります。
なんとしても、若くありたいと願うのならせめて歩きましょう
以前にも書いたような気がしますが、街中の散歩でも、近所でも

遠くへ出かけて、まず歩いてみてください。
いつもと、違った風景がきっとあり 新しい発見をするかも知れません。

晴耕雨読、 晴れて日には畑仕事、雨が降る日は読書を
こんな優雅にはできないと想いますが   失礼かな?

せめて晴歩雨読、 晴れた日には散歩をいたしましょう

★メタボリックシンドローム関連情報