スポンサードリンク

HOME >> メタボリック症候群 >> サントリー黒烏龍茶OTPPがメタボリックのおかげでバカ売れ

2006年11月22日

サントリー黒烏龍茶OTPPがメタボリックのおかげでバカ売れ

サントリーの黒ウーロン茶がとても売れているらしい。
今日のサイトでは、販売計画を3度も見直して上方修正をしたようである。
このような状況を作り出したのはメタボリックシンドロームの

言葉が一種流行語となっているにほかならない
勿論テレビ等でのサントリーの直接の宣伝もあると想うが
食事の最中に飲むことによって脂肪の摂取を抑えることが出来る

この印象が大きいのだろう
コンビニ等で脂っこい弁当を買った折にすぐそばに、この黒烏龍茶があれば
手が伸びることを計算に入れているとの事であるが

本当にうまい戦術である。
それにしても当初の販売予定の3倍以上の売れ行きには
メタボリックシンドロームの想った以上の関心が伺える。

今年になってからのはやり言葉 流行語 なのだが
予想以上に関心の高まりが早い。
これらのことは、今の日本人の病気に対する関心ごとが高まっている証拠でも

あると想うが、人数の多さにも大きく影響しているだろう
血圧と血糖値、それにお腹周りと、いかにも大きな病気に発展しそうな
事ばかり、ことさら糖尿病への関心が深まることに大きく影響されていることは

否定できない。
メタボリックの関心が深まると同時にその先にある糖尿病への関心が
より深まって予防への対策となれば喜ばしい現象ではある。

サントリー黒烏龍茶はトクホでもある。
サントリーは特定保健用飲料(トクホ)の認可を得るまでに4年間を費やした
との報道もあるが、販売計画の3倍以上の売り上げはその苦労の結晶と言えるだろう



★楽天のサントリー黒烏龍茶を見てみる★

サントリー黒烏龍茶関連情報